高校受験の数学の成績を上げる勉強法 苦手な人がすべき学習ステップ

高校受験の数学は苦手意識を持っている生徒も多く、成績を上げることが難しい教科になります。

数学の平均点は他の教科に比べてに低いことが多く、得点源にできれば高校受験の合格率アップの可能性をアップさせることができます。

数学が難しい理由に、計算だけではなく文章問題や図形など、色々なタイプの問題が出題されていることがあります。

暗記だけで対策することは難しいですが、中学の範囲であれば反復で成績アップも可能です。

また数学の勉強法は、良い参考書と問題集で勉強することも非常に大事になります。

簡単には成績が上がりにくい数学ですが、できるだけ効率的に成績アップを目指せる勉強法を紹介します。

目次

高校受験の数学の攻略法

高校受験の数学を勉強は、苦手な分野を克服する勉強法が最も効果的になります。

例えば図形が苦手であれば、重点的に図形の勉強をして成績の底上げを目指します。

もし中学数学全体が苦手な場合は、中1の基礎から復習する勉強法を行いましょう。

最初から勉強すると非効率に思うかもしれませんが、基礎ができていないと高校受験の数学を解くことができないからです。

基礎がしっかりと理解できていれば、高校受験の数学を得点源にすることができます。

基礎だけで高校受験に通用するのかと不安になるかもしれませんが、一部の上位高校を除けばその心配は必要ありません。

高校受験の数学は、基礎問題が解ければ大抵の高校に合格できる平均点以上を取ることができます

何問かは解くことが非常に難しい問題が出題されていますが、正解できる受験生はほとんどいません。

こういった難問を解けるレベルになる必要があるのは、最上位の高校を目指す受験生になります。

一般的な私立や公立高校を目指すレベルであれば、必ずしも正解する必要はない捨て問題になるのです。

数学の平均点を下げている理由は、こういった正解するのが難しい問題も、何問か出題されているからなのです。

高校受験の数学は、基礎を徹底的に勉強することが最も効率的な勉強法になります。

数学の基礎力が身につけば、高校受験の問題を解くのに必要な応用力も身についてきます

高校受験の数学の基礎力をつける勉強法

高校受験の数学の勉強法は、基礎をしっかりと勉強できる参考書を使うことがお勧めです。

良い参考書は中学の教科書よりも解説が丁寧で、数学が苦手な受験生もしっかりと理解できる内容になっているからです。

少し時間はかかりますが、中1から復習していくと弱点を確認することができます。

基礎力が身につく参考書には、くもんの中学基礎がためシリーズがお勧めになります。

中1〜中3までの数学を、一つ一つ丁寧に勉強することができる参考書になります。

この参考書はドリル式で、基礎からステップアップできる構成になっています。レイアウトも見やすく、解説も丁寧なので数学が苦手な受験生でも無理なく学習することができます。

数学がある程度の成績を取れる受験生も、基礎の復習に最適な参考書になります。

created by Rinker
¥1,210 (2024/04/20 17:56:58時点 Amazon調べ-詳細)

公文の参考書は、高校受験に必要な基礎力を身につけられる構成になっています。

この内容が理解できるようになれば、基本的な問題が解ける実力がついています。中学3年分の復習になるので、勉強時間は必要ですが焦らず取り組んで下さい。

勉強法としては、問題が理解できるまで繰り返すことが効果的です。

数学は暗記では駄目という声も聞きますが、高校受験の数学はある程度の暗記も重要な勉強法になります。

ただし答えを丸暗記ではなく、解き方を覚えることに集中して下さい。

数学は解法を覚えれば、応用問題にも対応できる実力が身につくからです。

そのためには理解できなかった問題は、何回も復習して理解度を高めることが重要になります。

また勉強法として、理解できている部分は飛ばす勉強にすることも重要になります。

高校受験は勉強時間が限られているので、理解できている問題を何度も繰り返す必要はありません。

中1の計算などは、解ける人も多いので無理に復習する必要はありません。

数学を効率よく勉強するには、理解できていない問題の復習が最も効果的なのです。

高校受験レベルの数学の勉強法

高校受験の数学は、基礎ができていることが前提になります。

基礎力を身につけることが、数学の攻略に繋がります。

基礎の理解ができたら、次はより実践的な高校受験の問題集で勉強することが効果的です。

色々なパターンの問題を解くことで、数学の知識が増えて応用問題にも対応できるようになります。

高校受験レベルの問題集としては、「高校受験 合格への201」がおすすめになります。

高校受験の数学では人気の参考書うで、それなりに高いレベルの問題まで揃っています。

正直、数学な苦手な人にはおすすめできませんが、基礎ができるようになったらチャレンジしてもらいたい参考書です。

少し難易度が高い勉強法になりますが、「塾で教える高校入試 数学 塾技100」も高校受験対策で役立つ参考書になります。

created by Rinker
文英堂
¥2,200 (2024/04/20 17:56:59時点 Amazon調べ-詳細)

有名塾の講師による、高校受験の数学のテクニックを覚えることができる参考書です。

公立高校から私立高校まで、様々な問題を解くためのテクニックが勉強できます。

数学の基礎ができていれば、テクニックを覚えることで効率的に問題を解くことができるようになります。

また高校受験の数学で重要なことに、正解率が高い問題を間違えないこともあります。

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 数学 改訂版には、確実に正解しておきたい問題が出題されているので一度勉強しておくことをお勧めします。

高校受験で過去問を勉強するタイミング

高校受験の数学対策では、過去問をいつから勉強するかも非常に重要になります。

特に高校受験は、志望校によって出題傾向が違うので過去問での対策は必須と言えます。

ただし過去問は難易度が高い問題も多いので、勉強するタイミングに注意をしましょう。

一般的に過去問を勉強するタイミングは、以下の3つが理想的と言われています。

  1. 夏休み前
  2. 私立高校の受験2ヶ月前
  3. 公立高校の受験2ヶ月前

高校受験の過去問は、夏休み前に一度チャレンジすることをおすすめします。

その理由としては、受験問題と自分のレベルのギャップを知ることができるからです。

あまりに解けないとショックを受けるでしょうが、夏休みの勉強に集中するためのきっかけにもなります。

この時期はまだ正解率が低いですが、あまり気にせず高校受験の数学の問題にチャレンジする程度の気持ちで勉強しましょう。

本格的に過去問に取り組むのは、高校受験の2ヶ月前が理想的です。

私立と公立があるので、それぞれの試験日の2ヶ月前にチャレンジするようにしましょう。

ここで重要なことは、問題の傾向を知ることと自分の実力を知ることになります。

しっかりと採点をして、自分の得点を確認することが重要になります。

また重要なこととして、間違えた問題を復習することもあります。

完璧にはできない可能性が高いですが、なるべく過去問の正解率を上げる勉強をしましょう。

高校受験は過去問と同じような傾向の問題が出題されることも多いので、過去5年分は勉強することをおすすめします。

高校受験の数学の追い込み勉強法

高校受験の数学は、完璧にすることが難しい教科になります。

数学の勉強の注意として、追い込み時期に新しい勉強をすると逆に不安を募らせることがあります。

新しい勉強をすると、どうしても解けない問題にぶつかることが多いからです。

受験前のナーバスな時期は、以前使った問題集の復習を中心に勉強しましょう。

目安としては高校受験1ヶ月前になったら、復習中心の勉強に切り替えるのをお勧めします。

復習のメリットは、解ける問題が多くなり安心感が増すことと、理解できていない問題の確認ができることになります。

数学は思考力が必要な教科ですが、これは復習することで誰でも身につけることができます。

追い込み時期に復習中心の勉強をすることは、高校受験の最終調整をすることにも繋がります。

追い込み時期は、焦って新しい勉強をしないで復習中心の勉強をするのが効果的です。

特に数学は詰め込みの暗記では対応できないので、新しいことをこの時期に行うと成績を下げる原因になりかねません。

今までの勉強を信じて、理解できていない箇所を重点的に勉強するのが理想的な追い込み時期の勉強法になります。

数学は成績を上げるまでに、どうしてもある程度の時間が必要になる教科です。

ですが地道に基礎を身につけて、苦手分野を一つ一つ克服すれば高校受験に対応できる実力を身につけることはできます。

短期間で結果を出すことは難しいので、焦らずじっくりと勉強することが数学の成績アップの近道になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次